ドアの故障|鍵やドアトラブルはプロに任せよう【鍵屋への依頼】

webサイトを活用すればドア交換をスムーズに行える!

ドアの故障

扉

早期解決のすすめ

自宅や仕事場のドアが故障してしまったら、修理か交換を早期に行いましょう。部屋の中に人が閉じ込められているといった緊急事態の場合は、すぐに無料相談でも良いのでお問い合わせをすることが大切です。ほとんどのトイレにはドアが付いていますが、自宅のトイレのドアが開かないといったことが発生しないように、少しでもドアの異変があれば修理業者へ依頼しましょう。

入り口のドアの重要性

また、入り口の扉は来客者にとっての自宅の印象を左右します。入り口の扉が劣化してしまって見栄えが悪くなっていたり、変な音がしたりして不快な思いをさせてしまわないように入り口のドアのメンテナンスを行っておきましょう。修理がとてもむずかしい案件だった場合は、ドアごと交換するとよいでしょう。

ドア交換の流れ

ドアを交換する場合は、webサイトから業者へ依頼すると簡単に行うことが出来ます。ますは、Webサイトに電話番号が記載されているので、無料相談を行います。相談内容をもとに現地までスタッフが訪問します。その際、ドアトラブルの原因等を分析してもらい見積もりをもらいましょう。見積もり内容を検討して、交換することを決めたら、作業の日程調整を行います。作業日に作業をしてもらい、お支払を済ませれば、一連のドア交換作業は終了となります。webサイトを活用すれば、このような流れをスムーズに行うことができます。

webサイトを活用しよう

webサイトには料金システムやサービス内容が詳しく記載されているので、参考にしやすいでしょう。何か分からないことや、要望等があれば気軽に相談から始めることが大切です。webサイトを活用して自分に合った信頼できる業者を探しましょう。

それぞれのドアの特徴を知ろう!

開き戸の特徴

開き戸は洋室に適していますが、さまざまな空間で利用されています。ドアの中でも気密性に優れた種類になっています。開き戸を設置する場合は、開閉スペースを考慮する必要があります。

折れ戸の特徴

折れ戸は、収納扉やトイレ等によく使われます。開閉スペースがそこまでいらないので、狭い場所でも設置することができます。折れ戸は開き戸の約3分の1のスペースで設置することができるとされています。

引き戸の特徴

引き戸は、前後の開閉スペースが無いので、狭いスペースでも設置することができます。開口部を大きくすることで、開放感を出すこともできます。車椅子の方にとって便利なドアの構造です。